NISHISAITAMA PROJECT

傘 傘傘⊂⊃/ ̄\ ⊂⊃ 傘傘傘傘

椎葉村から自転車で帰る話し

(前回からの続きです)


宮崎交通による路線バスで上椎葉まで無事に行くことができたので、あとは帰るだけです。前回の記事で説明したとおり、日帰り行程ならば、そのまま引き返すバスに乗って戻る手段しかないのですが、今回は広島の自宅からわざわざ持ってきたDAHON Dove Plusがあるので、帰りはこの自転車に乗って帰りました。

続きを読む

路線バスで行く椎葉村

主に酷道巡りを兼ねて毎年訪問している、日本でも指折りの秘境とすら言われる椎葉村。その椎葉村へはいつもレンタカーで訪問していたのですが、椎葉村へは麓の日向市から宮崎交通による路線バスも運行されており、この路線バスに前々から乗ってみたい常々と思っていたのです。

この宮崎交通による椎葉村へ行く路線バス、公式な情報がないとはいえ、宮交の一般路線バスではトップクラスの長距離路線だろうし、走行時間としては間違いなく最長時間を誇る路線だと思われます。というのも、日向市から椎葉村の中心地まで距離にして約75km、乗車時間はなんと2時間40分。まあ、紀伊半島にはもっとすごいバスがゴロゴロしているのでそれらに比べればかわいいバスですけども。

さらに調べてみると、2019年現在、日向~椎葉間は2.5往復(火・木は+1往復)のバスがあるのに、日帰りで日向市から椎葉村へバスで行くとなると日向9:30発で行き、上椎葉12:50発のバスで戻らなければバスでの日帰りは不可能と言うことが判明。上椎葉着が12:10なので、路線バスで椎葉村に行くと最大滞在時間が僅か40分となり、下手すれば昼食すら食べることもままならないのです。

www.vill.shiiba.miyazaki.jp
実を言えば、この滞在時間の問題があって、数年前から椎葉村へのバス訪問に手をこまねいていたのです(椎葉村に宿泊すれば解決するんですけど)。

そこで登場するのが、先月購入した折りたたみ式自転車のDAHON Dove Plus。

答えは簡単で椎葉村までバスで行って、自転車で山を下ってくれば良いんじゃね?」という発想の元、バスに自転車を積んで行ってみることにしました。

続きを読む

スオーナダフェリーとDove Plusを使って徳山から宇佐へ

折りたたみ式自転車のDAHON Dove Plusを買った目的のうちの一つとして、ゴールデンウィークに自転車片手に遠出したい!という野望があったのです。

前回と前々回のプチ輪行でDove Plusの感覚がつかめたので、今回はもう少し遠くに行ってみることにしました。それが大分県の右上部分に突き出した国東半島です。本州から国東半島へは、うまい具合に徳山からフェリーが出ているので、さっそくこれを利用してみましょう。

続きを読む

芸備線を使ってプチ輪行

先日購入したDAHON Dove Plusに慣れるため、前回に引き続き、また輪行なんてものをやってきました。

今回は、自宅最寄りを走る芸備線に乗って近場の駅から自宅に帰るだけのプチ輪行となります。

そもそもなぜプチ輪行かというと、2019年4月現在、芸備線の広島口は広島駅から20km先にある狩留家駅までしか走っていないため、鉄道に自転車を乗せて輪行となると、この狩留家駅までの僅か10数キロだけの移動となるのです(本格的なロードバイクなら一瞬で終わりそうな距離)。個人的にはその先の三次ぐらいまで行きたいんですが、それは復旧してからのお楽しみにして、今回は現時点での終点である狩留家駅までDove Plusを積んで行ってきました。

まずは自宅から芸備線の駅まで移動して、そこから国鉄の香りがする列車に乗って終点の狩留家まで移動します。なお、列車移動中に関するお話は前回の記事に追記したのでそちらを参照して頂ければ幸いです。

ic-yas.hatenablog.com

続きを読む

DAHON Dove Plusを買ったので、さっそく西条から大芝島へサイクリング

容易に持ち運びができる折りたたみ式の自転車が欲しいなぁとふと思い立ったので、買ってみました。何を買ったのかというと、表題の通り、DAHON Dove Plusです。

高額なロードバイクやハイエンド折りたたみ式自転車などに比べれば十分低価格とはいえ、73,000円程度、公式の輪行袋(Dove Uno用の14インチ)が4000円ぐらいしたので、決して安くは無かったのですが、買って良かったと思います。なので今回はちょいと使用感なんてものをレビューしつつ、試しに自転車を転がしてきたので、そのお話でも。

続きを読む
←新しい記事 / 古い記事→