NISHISAITAMA PROJECT

傘 傘傘⊂⊃/ ̄\ ⊂⊃ 傘傘傘傘

南薩鉄道廃線跡を伝う薩摩半島西側サイクリング前編

前回からの続きです。

枕崎駅前に宿泊した翌日、天気の方は相変わらずの曇り空とはいえ、雨は降りそうになかったので、予定通りに、枕崎から薩摩半島の西側を北上してみることにしました。

枕崎から薩摩半島の西側を行くとなると、坊ノ岬沖海戦の舞台の一つである坊ノ岬(実際には徳之島の方が近いらしい)や、薩摩半島最西端の薩摩野間岬などを経由し、加世田の市街地を抜け、日本三大砂丘の一つである吹上浜の横を走りきるルートがまず思い浮かびます。

今挙げたルートを行けば間違いなく薩摩半島完全制覇となりうるところではありますが、よくよく調べてみると、枕崎から坊ノ岬方面に向かうと枕崎→加世田だけで70kmとなり、しかも道中はいわゆる酷道の一つに挙げられる国道226号線。

続きを読む

路線バスなどで行く、雨の中のJR日本最南端の西大山駅

前回からの続きです

 

鹿児島でのテレワーク期間を終え、晴れて自由の身になったところで、残りの時間を活用し、薩摩半島の方を巡ってみることにしました。

薩摩半島は東側から南側にかけて、指宿枕崎線という日本最南端のローカル線が走っていて、鉄道でのアクセスは比較的容易である反面、西側には現在は鉄道はなく、公共交通機関を利用して枕崎方面へ向かう大半の人は、鹿児島中央から知覧を経由して一直線に枕崎へ行くか、あるいは(主に乗り鉄限定で)指宿枕崎線でぐるっと大回りするルートを取るかと思います。

なので当初の予定ではセオリー通り、鹿児島中央駅から指宿枕崎線で枕崎へ・・・と考えていたのですが、前回の記事で書いたとおり、手元には合計で5000円以上もチャージされている、ほぼ鹿児島県内でのみでしか使えない、Rapica&いわさきICカードがあるのです。

そこで、はるか昔、既に一回往復したことのある指宿枕崎線はできるだけ乗らず、鹿児島交通のバスをICカードで乗車して途中の山川駅まで指宿枕崎線をトレースしつつ、指宿枕崎線のハイライトである山川駅から先の末端部分のみを列車で移動するという良いとこどりの計画を立ててみました。

続きを読む

doveplusと市電で鹿児島市内観光

前回からの続きです。

 

鹿児島まで来てテレワークで終わってしまうのは勿体ない! というわけで、空き時間を使って市内を観光してきました(むしろこっちが本番で、テレワークは"ついで"です笑)。

まずは、拠点としている鹿児島サンロイヤルホテルを出発して錦江湾沿いの道路まで移動します。

続きを読む

新年は宮崎経由で鹿児島へ

今年の年始は鹿児島方面へ行ってみました。去年は九州の最西端の長崎だったので、今年は最南端の鹿児島みたいなそんなノリです。

ic-yas.hatenablog.com

自宅のある広島から鹿児島までは、山陽・九州新幹線を使えば乗り換え無しで一本で行くことができ、距離の割には案外簡単に行けるのですが、あえて今回はそのまま行くのではなく、宮崎市内を経由して行ってみることにしました。

というのも、「B&Sみやざきネットきっぷ」という、九州新幹線と高速バスがセットになった切符があり、これを使って見たかったのですね。

www.jrkbus.co.jp

続きを読む

緑井の権現山

12月に入ってから何かと忙しく、仕事面では残業が続き有給休暇などもってのほか、休日は休日でちょこちょこヤボ用が発生したり、TOEICの試験があったりして遠出することができず、唯一の市外への外出は江田島方面に行ったぐらいで、悶々とする日々を過ごしている今日このごろ。

そんな中、2週間ほど前に、ちょいと気分転換に近所の山に散歩に行ってきたので、それについてかなり簡単にまとめておきますね。

どこへ行ったのかというと、広島市安佐南区緑井にある標高400m弱の権現山です。2年ほど前には権現山と、その隣りにある阿武山に登ってます。

ic-yas.hatenablog.com

実を言うと、この日はもう少し奥地にある山に行く予定だったのですが、午前中が別の用事で潰れてしまって登山どころではなくなってしまったので、散歩がてら緑井の権現山まで行ってみたというわけです。

続きを読む

江田島の西の方をまわってみた

広島市の南側、広島市に浮かぶ江田島能美島は、広島市内からフェリーや高速船に乗ればすぐに行けるお手軽な島であり、無計画に気楽に渡航してからチャリで走るようなこともできる余裕でできるのですが、自宅のある広島市安佐南区からだと微妙に行きづらいのも事実。

サイクリング的にも楽しめそうなわりには、まだ片手で数える程度しか行ったことがなかったし、今年に関して言えば4月頃のキャンプで行ったっきりだったので、ちょいと行ってみることにしました。

まずは自宅から太田川に沿って下っていき、広島港を目指していきます。自宅からだと約10km程度であり、キャンプ道具などの大荷物がなければdoveplusなどでも余裕で行けるぐらいの移動距離です。

続きを読む

周防大島で自転車無しキャンプ

自転車無しキャンプ、つまり『普通の徒歩キャンプ』をするため、周防大島にある片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場へ行ってきました。ちょうど前回、ゆめしま海道・生名島にあるキャンプ場へソロキャンへ行った翌週に当たる日なので、2周連続のキャンプとなります。

ic-yas.hatenablog.com

この日も職場のデュアルキャンプではおなじみとなった、キャンプ仲間のHさんの車に同乗させて頂くいつものスタイルで行くのですが、そこで、今までとはテーマを変えて、徒歩と電車移動を主体としたキャンプを試すことにしました。

前々から実験的に輪行キャンプではなく、徒歩キャンプをやったらどうなるのか気になっていたのと、それに前回のキャンプではdoveplusで走りまくっていて自転車はお休みしたかったので、ちょうど良い機会に恵まれました(最近は広島近辺でも、主に若い人の間で徒歩キャンをやっている人をちらほら見かけていて、それで興味が出てきたというのもあります)。

続きを読む

岩城島から生口島経由で三原へ行く輪行キャンプ2日目

前回からの続きです。

キャンプ翌日。
寒空の中、昨日のおでんの残り汁にうどんを入れて、具なしで煮込むだけという簡単な朝食を済ませつつ、iPad片手に今日の予定を大雑把に組み立てます。

続きを読む

今年も、ゆめしま海道輪行キャンプへ

とある11月の金曜日。ずっと雨予報だった週末の天気が晴れに変わったため、これはチャンスとばかりに、昨年も訪問した愛媛県上島町生名島にあるキャンプ場へ行くことにしました。

生名島は、あのサイクリングで有名な「しまなみ海道」の途中にある因島から派生し、上島諸島を経由して生口島へと行くサブルートの「ゆめしま海道」の途中にある島で、尾道駅から自転車で向かえば20km程度と、doveplusのような長距離が苦手な自転車で行く輪行キャンプ的にはちょうどよい距離に位置する場所にあります。

ただ、このルート自体は何度も自転車で走っているし、どうせだったらできるだけ知らないところを走ってみたいというのと、今年の2月に開通した生名島と岩城島の間に架けられた岩城橋を渡ってみたいという考えがあったので、いつもの起点となる尾道駅ではなく、因島の入口である因島大橋まで、しまなみ海道を通過する高速バスを使ってショートカットすることにしました。

なお、しまなみ海道の起点の尾道駅から行く最も一般的なコースを走った場合どうなるか興味のある方は、以下に挙げた昨年や一昨年の訪問記をなどを参照して頂ければ幸いです。

ic-yas.hatenablog.com

続きを読む

新広益線で行く美都温泉と折居駅

広島と島根県益田市を結ぶ高速バスの広益線。こちらは清流ライン高津川号という名称を持ち、高津川の源流がある島根県吉賀町まで高速道路を一気に走り抜け、そこから高津川に沿って河口の益田まで行く高速バスです。

そして、これとは別に新広益線という高速道路をそれほど走らず下道で広島県側から峠越えして益田まで山の中の国道を抜けて向かうという、なかなかにマニアックな路線バスが存在しています。通常「新○○線」なんて路線名なら、旧来よりも早くて快適な路線になるはずなのに、こちらはむしろ裏道の旧道を行くような新しい路線なのです。

そんな新広益線を調べてみると、自宅最寄りのバスターミナルである中筋バスターミナルを経由していることが判明。さっそく、この新広益線に乗って島根方面へ行ってみることにしました。

続きを読む

とびしま海道から大崎上島を経由して安芸津へ

前回からの続きです。

ほとんど人も車もいない豊島の南側をゆっくり走り抜けると、あっという間に次の島が見えてきました。

続きを読む

とびしま海道サイクリング

とある土曜日の早朝。天気予報を見たら一日快晴! 時計を見たら安浦方面まで行く呉線に乗ることができる時間帯! ということで半年ぶりぐらいに、とびしま海道へ行ってみることにしました。

前回は、バスの事故渋滞に巻き込まれるわ、天気はイマイチだわで、どうも不完全燃焼だったのですよね。

 

ic-yas.hatenablog.com

続きを読む

一畑電車で輪行して出雲大社へ

前回からの続きです。

江島大橋を渡って島根県へと入ると、中海に浮かぶ江島や大根島に上陸できます。とはいえ、そこそこ幅がある堤防道路でつながっている汽水湖の島なので、離島らしさは全くないのですけども。

続きを読む

弓ヶ浜サイクリングロードとベタ踏み坂を超えて島根を目指す

前回からの続きです

鳥取市内で迎えた翌日。この日はサイコロきっぷ本来の目的地である松江方面へ行くことにしました。

まずは鳥取駅より山陰本線で島根方面へ向かいます。

続きを読む

広島発サイコロきっぷで行く鳥取島根輪行旅

今年の夏、JR西日本大阪駅起点のサイコロきっぷという格安切符を販売しました。

これは5000円支払ってサイコロを降ると、行き先がランダムに決まるという運任せというか、水曜どうでしょうのサイコロの旅的なおもしろきっぷなのですが、起点が大阪駅ということで、京阪神在住者以外にはとてもじゃないけど使えない代物でした(広島県民がサイコロを振って尾道や倉敷なんかを出した日には目も当てられない)。

www.jr-odekake.net

ところがそれから数日立ったある日のこと、ありがたいことにサイコロきっぷの広島版が登場したのです。

 

www.jr-odekake.net

広島発サイコロきっぷは大阪発サイコロきっぷよりもコンパクトで、行き先は博多、松江、姫路、金沢の4方向。金沢はレア目で1/9でしか出ないので、実質的には博多松江姫路のいずれかが出るかと思います。


金沢含め、どこが出てもいいけど、個人的には電車で行きづらい松江が出たら嬉しいなぁと思いつつサイコロを振ってみると・・・

続きを読む
←新しい記事 / 古い記事→